東京カメラ部 株式会社

会社情報

代表メッセージ


思いを伝える。思いを紡ぐ。

皆さんは、blog、Twitter、Facebook、Instagramなどのソーシャルメディアを日常的に使われていますか?当社はそうしたソーシャルメディアを活用した商品・サービスプロモーション、特に企業名、ブランド名で運営されるソーシャルメディアアカウントの運営代行を主たる事業としています。 当社と他運営代行サービス事業者との違いは、単にクライアントアカウントの運営代行を行うだけでなく、クライアントブランドに頼らずに審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」を立ち上げ、設立から2年ほどで日本最大級規模まで成長させたことです。 当社はゼロから総ファン数200万人超まで成長させた「東京カメラ部」を保有していることで、自社内で様々なトライアンドエラーが可能となり、自社独自の

著名ブランドでなくても多数のファンを集める   巨大コミュニティーの円滑な運営   キャンペーンの効果的な運営

といったノウハウを蓄積し、今現在も日々磨き上げ続けています。これにより、海外事例に頼らない最先端のノウハウをクライアントに提供することができます。また、当社は日本最大級の審査制写真投稿サイトというプラットフォームを運営することで、写真、カメラをこよなく愛する創造力あるコミュニティーと深い関係、写真好きの20代女性を中心とする感度が高い層とのつながり、更にはそうした高感度層の写真に対する延べ5億人を超える評価データを築き上げてきました。これにより、スマートフォン、ソーシャルメディアにおけるプロモーションでは成功の鍵を握る「写真」の有効な選定、拡散を支援することができます。

当社のお客様である大手メーカーが商品を開発する過程では、海外の超有名ブランドの高級品に負けないくらいの熱い魂、想いが込められた物語が沢山生まれています。しかし、現状の流通構造の中ではそうした想いや物語は、購入検討のお客様や、実際に購入して頂いたお客様に対しても、100分の1も伝えられません。 当社は、こうした「作り手の想いを伝える。作り手とお客様と共に想いを紡ぐ。」コミュニケーションを設計するプロを目指しています。そのため、作り手の想いを有効に伝えられる手段があれば何であれ使いますし、伝える際には「公正・中立・公明」であることに徹底的にこだわっています。

最先端のソーシャルメディア運営ノウハウと、ソーシャルメディアプロモーションにおけるキーコンテツである「写真」に関する造詣の双方を活かすことで、スマートフォン時代に最適化されたプロモーションを行い、魂を込めて新しい商品(ハード・ソフト・サービス何であれ)を作っている技術者が居たら、その支援先として当社の名前が挙がる。 それが当社の目標であり、事業です。


東京カメラ部株式会社 代表取締役社長
塚崎秀雄